【インスタグラム】クリエイターは2つアカウントを運用するのがオススメ。

スポンサードリンク

どうも。写真家とかをやっているみのわりょうた(@rminowaphoto)です。

 

さてさて、タイトル通りの記事です。

クリエイターはインスタグラムのアカウントを2つ持つのがオススメ!

これはぼくの実体験と、インスタグラムの特性を考えたときに出た1つの答えですね。

なぜ2つのアカウントが良いのか?1つじゃだめなのか?

この辺りを説明していきます!

 

インスタグラムの特性とは?

インスタグラムには、2つの特性があります。

それがコチラ。

 

  • ビジュアルの美しさ
  • 簡易的なコミュニケーション

 

この2つですね。

全く違う要素が共存しているSNSは、おそらくインスタグラムだけじゃないかな?

フェイスブックもツイッターも、基本的にはコミュニケーションが8割を占めるサービスだと思っています。

画像や動画を美しく表示する事は出来ますが、あくまでもそれは一機能。インスタグラムほど、ビジュアルの美しさが際立つサービスではありません。

 

ビジュアルの美しさ

インスタグラムは、写真や動画の表示が美しく、ホーム画面の配置も作品の一部として捉えられる様な、とてもビジュアル面にこだわっているサービスです。

 

誰でも簡単に写真・動画をキレイ・オシャレにアップ出来ますし、近年では「インスタ映え」なんて言葉も流行るくらい、インスタグラムでの写真映えは注目されています。

フォトジェニック(写真映えのよい)という言葉も流行っていますが、こんな言葉一般人なら誰も知らなかったはず…。

 

インスタグラムがきっかけに、画像の美しさをこだわる人は、確実に増加したはず。それほどビジュアル重視なSNSなんですよね。

 

簡易的なコミュニケーション

しかし、見た目だけが全てではありません。

やはりSNSは交流がメイン機能。コメント欄もありますし、いいね・シェア機能もついています。

これら使用して、色んなユーザーと交流するのも醍醐味の1つ。写真映えだけがすべてではありません。

 

ただ、インスタグラムはツイッター、フェイスブックほどコミュニケーションに特化されていません。

コメントにURLリンクを付けることは出来ないし、ツイッターのRT、フェイスブックのシェアの様な拡散機能もない。(インスタグラムにもシェア機能はあるものの、それほど拡散効果はない。)

だから、”簡易的”なんです。やや不便な気もしますが、ライトなつながりを楽しむ事が出来るので、これはこれでインスタグラムの良い部分としても考えられますね。

 

2つの特性は分けて運営するべし

2つの大きな特性があるインスタグラム。

だからこそ、2つのアカウントを作成し、それぞれの役割に特化した運営した方が良いのです。

あ、もちろんそれが必要ない方もいますよ?とんでもない人気者だったりね。

1つのアカウントだけで2つの要素が完結してしまうのなら良いのですが、なかなかそれも難しい話です…。

 

ならば!

 

1つは作品を掲載していくギャラリーアカウント。

もう1つは自身の行動や思いを発信していくコミュニケーションアカウントとして運営してみてはいかがでしょうか?

 

ギャラリーアカウント

ギャラリーアカウントとは!?

投稿した作品画像・動画と、ホーム画面の美しさを意識するアカウントです。

自身の作品を主にアップし、ギャラリーの様な扱いで運営していきます。

こちらは作品掲載とビジュアル面の特化が第一なので、コメントでの交流はあまりしなくても良し。

その分、作品にも特別感が出るでしょうし、個人への興味を持ってくれるファンも出来ていきます。

 

コミュニケーションアカウント

ギャラリーアカウントとは対象的に、コミュニケーションアカウントではあまりビジュアル面は意識しません。

あまりキレイな写真ではなくても、自分のプライベートな写真を載せたり、自分の考えをコメントに書くことで、よりフォロワーとコミュニケーションを取ることを意識します。

自身が作り出す作品(ギャラリーアカウント)を通じて、どんな人が作っているんだろう?と興味を持つ方もいるでしょう。

そんな方にはコミュニケーションアカウントの方で、自分はどんな人間なのか、普段は何をしていて、どんな考えを持っているのか。

という事を伝えられれば、1番の流れですね!

 

作品にではなく個人をアピールするのが、コミュニケーションアカウントの役割です。

他のSNSも使えばいいのでは?

ツイートでも書いたとおり、SNSはそれぞれユーザーの特性が変わります。

ツイッターはツイッターの、フェイスブックはフェイスブックの。そしてインスタグラムにはインスタグラム独自のユーザーがいます。

コミュニケーションアカウントをツイッター、フェイスブックにするのもアリですが、それをインスタグラムで行えば、インスタグラムのユーザーに対してアプローチ出来ます。

同じサービス内でギャラリー・コミュニケーションを完結できれば相互作用も生まれやすいですし、個人的にはインスタで複数アカウントを運用するのが、やはりベストだと思いますね!

 

作品と人で、ファンを作る!

この2つのアカウント運営の意図は、作品と製作者の両方をユーザーに伝えて、自身が作るものと、自分自身の両方に興味をもってもらおう!というものです。

自分が表現・制作するものをただ伝えるだけではなく、それを出す人を伝える事も怠らなければ、必ず自分が作り出したものを、自分自身も含めて知ってくれる・好きになってくれる人は出来るはずです。

インスタグラムのアカウント、2つ作ってみませんか?

 

それではっ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク