他人を気にすることが、自分の命を削る?

スポンサードリンク

先日こんな文言をネット上で目にしました。 「自殺をするヤツは 人の事ばかり考えている傾向がある」 「自殺した少女の日記には、 人の事ばかりが書いてあった」 『バカ...

今回はブログらしいブログかも。どうもりょうた(@rminowaphoto)です。

上に紹介したのは、警察官をクビになってからブログさん。(経験に基づく文章が魅力的なので、とても好きなブログです)

結構ストレートで、インパクトがあるタイトルですよね。反発する方もちょこちょこいそうな気がする、そんなタイトル。

なんか、このブログを見て色々書きたくなってしまったので、今このブログを書いています。

悩みは人間関係から。

ブログ全文を見たのですが、概ね同意する内容でした。

自殺する人の多くは、他人を気にしている傾向があると…。まぁわかりますね。

いや、ぼくは生きているので、分かったつもりなんでしょうけど。

 

世の中の悩みの多くは、人間関係から来ているものだと言われています。

嫌われる勇気という本がありますが、そこにも同様の事が書かれていましたね。

 

ぼくはたぶん、人間関係や他人の目線よりも、自分がどう思うかを大事にする側の人間だと思っています。自分がこれは本当にイヤだ…と思うと露骨に表情や態度に出ますしね。。

そのせい、というかそのおかげか、おそらく多くの人よりかは人間関係で悩む、という事は少ないです。

誰とも仲良く出来る!というのとはちょっと違って、例え誰から嫌われたとしても「まぁ、しゃあないか…」と割り切れるマインドがあるっていう、そんな感覚ですね。。

ぼくは、自分のやりたい事を第一にする性格なので、こういう考え方、感じ方なんです。

だからこそ写真家なのにライターやデザイナーをやったり、自分の興味のあることにはどんどん首をつっこめるという。これは改めて自分の長所だと思っています。たぶん、周りの評価や自分の見え方を気にしていたら、こんなことはしていないでしょう。

他人を大事にしすぎるのはやめましょう。

その半面、やや人間関係にはドライな気持ちがあります。大事な人はとっても大事なんですけどね。

でも、このドライさが自分を救ってくれている部分がめちゃくちゃあると思うんですよね。

もし人間関係を重要視し過ぎる人間だったら、行動もできなくなるし、ストレスも倍増するだろうし、そもそも社会に出て仕事が出来ていたかどうなのかも危ういです。

 

自分の大切な人は、心から大切にするべきです。それは当たり前。

ただ、すべての人を大事にする必要はなくて。

自分の周りにいるすべての人が、自分に良い影響を与えてくれるとは限りません。

 

もし、自分に良くしている人より、自分に害を与える人が多いと感じるならば…別の場所を探すべきです。

こんなことを、ブログを見て思いました。

 

人間関係は、適度がいちばん。他人に縛られることは、なによりも怖いことだと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク