音声入力が進化しすぎていた…。ぜひ1度は使って欲しい。

siri_voice
スポンサードリンク

どうも。写真家とかをやっているみのわりょうた(@rminowaphoto)です。

 

皆さん、スマホの音声入力って使っていますか?

最初に結論を言ってしまうと…使ってください。

 

もう今日からでも使ってください!!

 

なんでここまでお勧めするかと言うと、僕自身がこの音声入力の恩恵を受けまくっているから。

 

数年前までの音声入力と、今の音声入力。

段違い、いや桁違いです!

 

進化していた音声入力

 

音声入力を使おうと思ったきっかけなんですが、Twitterでこの記事を見かけたからなんです。

今年にはいってから音声入力でブログを書いているのですが、どんな感じでやっているかというものを、まとめてみたいと思います。 と言ってもそんな大したことはやって...

nanapi社長のけんすうさん。この記事は音声入力で書いたとのこと。

 

これを見て、じゃぁ俺もそれでやってみようかなと思い、なんとなく試してみたんですよ。。

 

すると、やばかった…。

もう、正確さがとんでもないんですよ。

 

勝手な推測だったんですが、音声入力って日本語には向いていないと思ってたんです。

英語だったら文法的な法則が簡単であったり、比較的翻訳しやすいイメージがあったんですよ。

YouTubeで見ていて、英語字幕の方が翻訳がしっかりしていましたし…。

 

そう思っていたんですが…ですが…それは僕の間違いでした。。

 

日本語の音声入力。。

 

今やとんでもなく進化していて、日常で使う言葉であれば8、9割は正確に入力してくれると思ってます。

 

仕事でも使える。というか使っている。

 

ぼくは書くよりも、声に出していたほうが伝えたいことを伝えられる気がするので、音声入力を使いまくってますね。

ライターはもちろん、ブログを書いている方や、ちょっとしたアイデアを書き留めている方、ぜひ試してみてください!

ちょっとしたメモ代わりや、アイディアを適当に残しておきたい時などにも使えますよ。

これは使ってみないと凄さが実感できないと思います。

ちなみにこの記事、8割…いや9割を音声入力で書いています。

凄くないですか!?

これをめちゃくちゃ正確に文字にしてくれるんですから、凄い時代になったもんですよ…。

 

音声入力の使い方

 

音声入力の使い方ですが、僕はiPhoneを使用しているので今回はiPhoneの場合の話をします。

(androidは上の記事、けんすうさんのやり方をご参考に。)

 

iPhoneのデフォルトのメモアプリを開いて、キーボードの音声入力をオン。

後は、喋るだけです。簡単!

 

文法的におかしいところがあったら、途中で直してくれることもあるのですごいわ…。

もうほんとに、これは体験してほしい…。もうこのほか以外に言葉がないんです。

 

手元にスマホがある方。

この記事を見た後ぜひ実際に音声入力を試してみてください!

 

日々の生活の中でも、仕事の中でも、必ず役立つ場面はたくさんあるはずです。

本当に、数年で仕事の概念が大きく変わるんだろうなぁ…。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク