スポンサードリンク

早速ブログを書かず、…いや書けずに、1ヶ月が経ってしまいました…。

「僕のような弱小クリエイターは発信せんと!」と意気込んだ矢先にこれだと…。申し訳ございません。これしか言葉がありません…。

 

しかし、それでもこれを書いているという事は、とりあえず復活を果たしたという事です!

今後は急な長期休暇とならない様に、気をつけたいと思います…。

 

さて、、では、なぜ書けなくなってしまったのか。

幾つか理由があるのですが、ブログを書くにあたって陥りやすい、ある状態になってしまったなぁと感じています。

今日はブログ復帰ついでに、ぼくがブログを書けなくなってしまった理由と、それをなんとか脱した方法について書きたいと思います。

 

書きたい事がありすぎた

Noblog 006
最初はポジティブな悩みからのスタートでした。

「書きたい事がありすぎる…。どれを書こうかな…。」

という、選択肢が多すぎる迷いです。

自分が今行っている事について説明する記事
自分が愛用している機材やガジェットのレビュー記事
自分がいままで歩んできた歴史をたどる記事…など。

書く内容はいくらでもあったんです。

言ってしまえばショートケーキのいちごを食べようか…それともクリーム単体でいこうか…いやいや、全部まとめていった方が…

の様な、幸せな悩みだと思っていたんですね。

しかし、これは大きな勘違いでした。

この迷いは、深刻な悩みへつながる第一歩だったのです…。

 

考えすぎてしまう。

Noblog 004
しかし、この選択肢の多さというものが問題でした。

かの有名なTEDスピーチに、選択肢のパラドックスについて、という動画があります。

こちらを見てもらえると良くわかるのですが、選択肢が多くなればなるほど、人は選ぶことが出来なくなってしまうんですね。

実際に、僕はその状態になってしまいました。

たくさんの案を並べているうちに、まず1つを選ぶ事が難しくなってしまいました。

最初は記事のポジティブな面、自分が伝えたい面が頭の中にあったんですけど、段々と1つ1つの案の”粗”を自分で洗い出すようになってしまったのです。

その結果、

「いや、まだこんな事を言うなんて時期尚早だ…。」

「こんな記事を書いて、人から馬鹿にされたらどうしよう…。」

「自分なんかがこんな意見を言うなんておこがましい…。」

と、ネガティブな要素ばかりが思考を支配する様になってしまいました。

その結果、こうなってしまったんですね。

 

書けなくなった…。

Noblog 003
そう、ここから書けなくなってしまったんです。

「こんな記事を出したらどうだろう!…いや、でもこの記事を書くには〜が足りない。ダメだ…。」

と、案を出しては自分で否定し、また案を出しては否定…と、どんどんと負のスパイラルに入ってしまいました。

 

ブログを書くという事がどんどん億劫になってしまい、遂には書くことが出来なくなってしまいました。

ブログを書くという行為が、楽しみではなく不安材料になってしまったんですね。

そして一度書けなくなると、最後にはこうなります。

 

書くまでのハードルが上がってしまった……。

Noblog 013

“書く”という事を行うまでのハードルが、異常に上がってしまったんです。

 

だから、記事を書くキータッチの1つが出ない。

書くことが出来ない状態が、ずっと続いてしまいました。

他媒体からの記事作成依頼については、全然そんな事ないんですけどね。

なぜか自分のブログに関しては、まったく書けないという…。やっぱり自分自信の事について書くとなると、不安になる事が多いのかもしれません。

 

再びブログを書ける様になる復活の方法。

Noblog 011

しかし、なんとかこの度この記事を書くことが出来、復活を果たしました!

この記事を書くまでに色んな思考の変化があって、それが復活の為の大きな要因になっています。

僕のようにブログを書けなくなってしまった方にも、ぜひ参考にしてもらいたいです。

 

目の前の事しか見ない。

Noblog 009
最近の僕は、本当に考えすぎていました。

「〜をしたら結果こうなるから、これをこうして、こうしないと…いや、でもな…。」

という感じに、1つの物事に対して5つも6つも不必要な心配をしてしまって、結果動けなくなるという事が多発していました…。

なので、まずは極限までシンプルに考えなきゃ!と思い、とりあえず目の前にある行為だけを考える事にしました。

それは“書く”という事。その他余計な事は一旦頭から外す事にしたのですが、これが良かったのです。

選択肢をなくす事で目の前の作業に集中出来る様になり、結果この記事を書く事が出来る様になっています。

 

読者(他人)を気にしない。

Noblog 005

書けなくなった理由として大きなものが、記事を見てくれる読者、つまり他人の目を気にしてしまうという事。

 

これに関しては、他人を気にする必要はない。という考えを徹底する事しかありません。

「他人はそれほど自分の事なんか気にしていない。自分の事を気にしているのは自分くらい
。」

という事を、自分に言い聞かせる事が大事です。

一番自分の事を気にしているのは自分です。他人はそれほど自分の事を気にしてはいませんし、

 

他者と比較をしない。

Noblog 008

他人を気にしない事と似ているのですが、他者と比較をしない。という事も大事です。

 

僕は最近、自分と他人を比較しすぎる傾向がありました。

誰にでもある事だとは思いますが、これが行き過ぎると自分を卑下するしかなくなります。自己否定に次ぐ自己否定です。これも記事を書けなくなる大きな理由の1つでした。

他者と比較しなくすると言っても、これは中々自分だけでは解決し辛い問題です。わかっていても出来ない訳ですから。

この問題を僕は、友人と話す事で解消する事が出来ました。

とにかく自分の地位や世間体などを考えず、自分のやりたい事、やってみたい事をやっている友人がいて、彼からとても良い影響を受ける事ができたんです。

「みのわくん。人それぞれだから、他人を気にする必要はないんだよ。」

シンプルなこの言葉で、救われましたね…。

何を言うのではなく、誰が言うのか。

僕は話の内容ではなくて、それを誰が言うのかという事が大事だと思っています。彼からこの言葉を聞けただけで、胸のつかえが取れた気がしました。

悩みがあったり、壁にぶち当たった時は、誰かと話すことで何かが変わるものですね。これは本当に実感出来ました。

 

自分を褒める事。

Noblog 010
そして、自分を褒めてあげる事。これが本当に大事なんです。

 

結局は自分をポジティブに捉えられなくなってしまう、という事が原因なので、まず自分を褒めてあげる事で、マイナス思考を変えていきます。

何でも良いので、自分が行った事に対し、「よくやった!」と自分を褒めてあげる。すると、自分のやる事に肯定的になりますし、それが行動する事へのハードルを下げてくれます。

元々自分を褒める、という事は意識的にやっていたのですが、よく考えて見ると、最近の自分にそんな余裕はなく、自分を褒めるという発想すら消えていました…。

それを思い出してからは、無理やりでも良いから、1つ1つの行動を起こした自分を褒めてあげる事にしました。

PCを開いてすぐに仕事を行う。
家に帰ってすぐに着替え、手洗いを行い、家事を行う。
メールが届いたら出来るだけ早く返信する。

プライベート・仕事にかかわらず、どんな些細な事でも、行動した自分を褒めてあげる事でちょっとずつ意識も前向きになる事が出来ました。

そして、ようやくこの記事を書く事に至っている訳です。

 

まとめ:バカになろう!

Noblog 007

突拍子もないまとめですが、とにかく「バカになる」事が大事だと思います。

 

バカになる、という事は、余計な事を考えず、とにかくやってみるという事。どれだけ頭の中で考えても、行動しなければ答えなど出ません。だったら、考える事をやめて、とにかくやってみる事です。

余計な事を考える事をやめて、なんでもいいから書こう!くらいの方が、結果良いのです。この記事を書いている僕が、実際そう感じているので。

 

…勢いで書いていたら、4000字近く書いてしまいました笑

という訳で、ブログが書けない、更新が止まってしまったという方。

他人など気にせず、ただ書きたい事を書いて、書いた自分素晴らしい!で良いんだと思います。

まずは結果とか未来なんか後回しです!書きたい事を書いて、書いて書いて書きまくって、後の事はそれから考えましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク