クラウドワークスは本当に使えるのか?実体験からの結論は…。

スポンサードリンク

どうも。写真家とかをやっているみのわりょうた(@rminowaphoto)です。

今回はオンラインで仕事を受発注出来るサービス・クラウドワークスについてのお話です。

クラウドワークスでお仕事を受注している方、これからやってみようと思っている方。そしてややクラウドソーシングに批判的な方にも参考にしてもらいたいですね。

クラウドワークスとは?

引用:https://crowdworks.jp/

まず簡単な説明から。

クラウドワークスとは、オンライン上で仕事を受発注する「クラウドソーシング」のプラットフォームサイトです。

未経験の方でも出来るwebライティングから、web制作、グラフィックデザイン、写真・動画撮影、などなど…様々なジャンルの仕事をオンライン上で受発注する事が出来ます。

ぼくは昨年から少しずつ利用していまして、主にwebライティング、グラフィックデザインの分野で活用してきました。

特にwebライティングは気軽に出来る分野でしたし、頻繁に利用してきましたね。

 

結論:クラウドワークスは「使える」

 

経験した身からの結論ですが、クラウドワークスは「使える!」

これは間違いありません。

 

良くネット上ではクラウドソーシングサービスの賛否が別れていますが、ぼくは割りとポジティブにとらえている派。上手く使えれば、かなりイイサービスだと思っています。

ただ、「使える」という解釈は色んな意味がありますよね。

クラウドワークスの何が使えるのか、ご説明したいと思います。

 

未経験でも稼げる。

まず、未経験の人でも仕事を受けられる土壌があるという事。これは大きいです。

主にwebライティングの分野が多いのですが、未経験の人でも仕事を受ける事が出来るんですよね。

そういった仕事の内容を見ると、おそらくアフィリエイトサイト記事の文章なんだろうな、というものが多いです。

文章力よりも調べた情報をどれだけ入れられるのかが大事な為、プロでなくてもとりあえずは出来る仕事なのでしょう。

その為、情報を取捨選択しまとめる事が出来れば誰でもお金が稼げる、という事は間違いではありません。しかし…。

 

注意:単価は超低い!

ただ、こういった仕事の単価は低いです。それはもう…激低!!

1000字で100円以下なんてザラですよ。1文字0.1円以下。だからクラウドソーシングは搾取だ!!って言われるんですよね。それは否定できないです。

 

こういった未経験者対象の仕事でも、プロ対象の仕事でも、単価がめちゃくちゃ低いものは少なくありません。

手当たり次第仕事を受けると、ただただ時間を浪費してお金は稼げず、結果「バイトの方が楽で稼げるじゃねぇか!」状態となってしまいますので、それは避けたいところ…。

 

経験を積める。

単価が低い事だけ目を向けてしまうと、どうにも印象が悪くなってしまいますよね。

しかし、一旦お金のことを忘れて見ると、割と考えが変わりますよ?

 

未経験の分野からプロの仕事まで、依頼者の方とコンタクトを取って仕事を行うという環境が得られるのが、クラウドソーシングの特徴です。

最初からお金の為!と思って初めて見ると、確実に挫折すると思います。最初から稼げる確率は低いと思いますし、稼げる仕事はコンペ他、経験を積んでしか受けられないものばかりです。

なので、一度お金の概念は忘れて、様々な経験を積める事をメリットとして考えましょう。

依頼者と直接コンタクトを取って仕事を受けられる。
自分が作ったもので、お金をもらえる感覚を得られる。

この2つの経験を積めることが、クラウドワークスの良いところですね。

ステップアップすれば世界が変わる

常に考えながら仕事をこなしていく事で、新たな世界を見る事が出来ます。そこからがお金に比例していくものになっていくのです。

仕事に慣れてスキルも上げていけば、単価の高い案件も受ける事が出来ますし、単価自体を上げてくれる依頼者の方もいます。

良く批判されている単価が低い・搾取問題ですが…これは最初のステップから出れないと感じてしまう感覚なんですよね。

最初はお金の事は考えず、色んな経験を積む場として考える事。

そこから仕事を受けるコツ、仕事の効率化や傾向、スキル向上に勤しむ、などをしていく事で、今度はお金の面でプラスにつながっていく。

クラウドワークスはそういうサービスなんですよね。(と、思っております。)

 

ぼくの実体験。搾取からのスタートだった。

僕が最初に受けたwebライティングでの仕事で言うと、たしか500字で50円くらいの仕事だったと思いますね…安すぎ!まさに搾取…。

ただ、最初はクラウドワークスの雰囲気を学ぶ、という姿勢で仕事を受けていたので、あんまりお金については考えていませんでしたよ。ホントに。

でも、徐々に単価も高い案件を受けられる様になりましたし、空き時間にライティングの仕事をして、月1〜2万くらいの収入にはつながる事にはなりました。

そこから定期的に仕事を頂ける依頼者の方にも出会う事が出来ましたし、結果大幅な単価向上にもつながったんですよ。

全く稼げない搾取的なサービスか。それとも自分の捉え方と取り組みで、上手く稼げる様なサービスなのか。

自分の考え方でどちらにもなるサービスなので、ここは後者的な考えで取り組む様にしてみましょう!

 

クラウドワークスが使える理由のまとめ

という訳で、まとめです!

  • 最初は確かに稼げない!でも、その変わりに経験を積む事が出来る。
  • しっかり考えて仕事を受ければ単価も上がり、万単位の収入も全然可能。
  • スキルが上がれば、良い依頼者の人とも出会う事が出来、お金の面でもよりプラスになる。

以上です!

 

初期に感じる「全然稼げないじゃないか!」…で止まっていれば搾取されている感覚のままでしょう…。

ただ!経験を積んで自分なりの使い方が分かってくれば、しっかりお金につながってくるサービスですので、そこまで考えて使ってみましょう。

 

まずは、やってみる事!まだ使った事がない人は、ぜひ一度試してみてくださいね!

それではっ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサードリンク